コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

現在の問題を解決する未来の見せ方

現在の問題を解決する未来の見せ方

ワクワクの仕掛け人、マーケティングコーチの岩井洋美です。

現在の問題を解決する未来の見せ方

「理想の状態ってどんなかんじですか?」

「それができたらどんな気持ちになりますか?」

「いつ頃までにできたらモチベーションが上がりますか?」

問題を解決するためや目標を達成するために、
コーチングでは、未来を考えるための質問をします。


お客様が求める理想の状態をより具体的にイメージしてもらうことで
現在の状態もはっきりしてきます。

それに、理想の未来、楽しい未来を考えるってとってもワクワクしますね。


さて、先日のこと。

最近私の母の足の具合が悪いので、月に1度治療院に連れて行っているのですが、
その日母は先生の言うことをなんとなく理解できないようでした。


先生:「ここをね、こんな風に伸ばしちゃってるでしょ。」

母:「う~ん…そんなんしてますかぁ?」

先生:「ここの力をね、こうやって緩めてください。」

母:「いやぁ…わからへんわぁ。難しい…。」

先生:「そうです。そうです。それでいいんです。」

母:「えっ?これでええの?できてます?やっぱりわからへんわぁ。」

こうすれば痛みが無くなる、こうすれば身体への負担が少なくなる
ということを教えてくださる先生に対して、母はこの調子です。

先生の説明も自分の動きも分るような分らないようなかんじが続いていました。


そこで先生が、

「よくこういう格好のおばあさんを見かけませんか?」

とおっしゃって母の目の前でポーズ&ウォーク。

お尻がズンと下に落ちて、ちょっと猫背。
なのに、上体がそっくり返り気味。そしてガニ股歩き。


その先生の実演(熱演)を見た途端、

母:「あ~、います。います。そういう格好の人。嫌ややわ~。」

先生:「今のままだとこういう格好になるかもしれませんよ。」

母:「え~っ!!!!!」

さっきまで「分らへん」「難しい」を繰り返していた母が
「これでいいんですよね」と先生に確認しながらも
先生が言うとおりの動きをやっている!

それも、ちゃんとできている!!

笑っちゃうほどの変わり身の早さです。


母が目の前で見せられたのは、

絶対になりたくないと思っていた未来の姿

だったのです。


「明日からもこの動きが出来るように練習します!」

母はコミットメントまでしています。これは絶大な効果がありました。

現在の問題を解決するための未来の見せ方は

自分のなりたい理想を見せる

だけではなくて、

自分のなりたくない理想を見せる

のも有効な方法なのかもしれません。


今年80歳になる母は今日もせっせと身体を動かしています。
・・・脱帽。

コメント


認証コード0966

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional