コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

クライアントさんに向き合う時の自分を知る

クライアントさんに向き合う時の自分を知る

ワクワクの仕掛け人、マーケティングコーチの岩井洋美です。

クライアントさんと向き合う時の自分を知る

私はあるコミュニティで、セミナーや勉強会の様子をときどき撮影し、
写真や動画をそのメンバーの人たちと共有しています。

その時、セミナーや勉強会の内容を振り返ってもらうというのが一番の目的ですが、
もう一つ、メンバーの人たちに注目してもらいたいことがあります。

それは、

  • ご自分がどんな顔をして話を聴いているか
  • ご自分がどんな様子や声で話をしているか

です。


写真でも動画でも自分の姿を見ると

「嫌だ…なんか恥ずかしい」

「ちょっと映りが悪いんじゃない…もっと良いはず」

「あっ、髪の毛が変になってる…しわもバッチリ写ってるし」

「うそ…こんなしゃべり方してないはずだけど」

などなど、自分が写っているものは
どちらかというとネガティブな気持ちで見てしまいます。


そういう気持ちになるのはよくわかります(笑)。

でも、そのように見える自分やそんな風に感じる自分を客観的に見る
ことをしてみてはいかがでしょう。

見方を変えて欲しいと思います。


つまり、

「もし自分だったらこの人に話をきいてもらいたいか?」

という視点を持つということです。

  • 表情からどんなことを感じますか?
  • 声のトーンに安心感はありますか?
  • 話す速度でどんな印象になりますか?
  • 話の語尾から頼りなさは感じませんか?
  • 話をきいている時の態度はどうでしょう?



クライアントさんが「この人に聞いてもらいたい」と思うのは
「自分のことを理解してくれている」と感じる時であることは、
このブログの中でも何回かお話しているかと思います。

私たちが「理解してくれる」と感じるとき、相手から感じる雰囲気とかあり様も
大きく関わっていないでしょうか。


心に留めなくてはいけないのは

クライアントさんに向き合っている時の自分を知る

ということです。

「自分を知る」が大事です。

コメント


認証コード3132

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional