コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

セルフイメージは高い方がいいのか?

セルフイメージは高い方がいいのか?

ワクワクの仕掛人、マーケティングコーチの岩井洋美です。

セルフイメージに高いも低いもない

「セルフイメージ」についての会話(その1)

Aさん:「セルフイメージ高いでしょ?」

私:「えっ…私ですか?高いです…かねぇ。」

Aさん:「そうよね。私はセルフイメージ低いんですよ。」

私:「そうなんですか…。」

「セルフイメージ」についての会話(その2)

Bさん:「なんか最近違和感があるんですよね…先生とか言われることに。」

私:「そうなの?どうして?」

Bさん:「別に先生じゃないし…先生って言われるほど大したもんじゃないから。」

私:「他人のイメージと自分のイメージにズレがあるってこと?」

Bさん:「それってセルフイメージが低い?」


最近別々にあったシーンです。
どちらも「セルフイメージ」が高いとか低いとかって話。


「セルフイメージを高く持たないといけない」
「セルフイメージは高い方がいい」
ってよく言われます。

できる自分って思わないと成功しないとか、
1億円稼いでいる自分をイメージできないと1億円稼げないみたいなかんじ。


確かにそうかもしれないけれど、
そもそもセルフイメージを「高い」「低い」っていう基準にするから
「セルフイメージが低いんです」なんていうことにつながるような気がするんです。


セルフイメージは「私のセルフイメージは○○なんです!」
って他人に言うことではありません。

あくまでも自分の自分に対するイメージ

だから、

自分が一番力を発揮できる状態をイメージできて意欲が湧くならそれでいい

と思います。

その上で、「私はこういうことをする人です」と言えればいい。


セルフイメージが低いと思うのは何だか自信がなかったりうまくいかない時。

だけど、自信が持てない理由や上手くいかない理由って
セルフイメージが低いからなわけがない!

つまり、一番力を発揮できる自分を知らないだけ。ただそれだけのことです。


どういう自分なら力を発揮できるのか知れば
結果的に「セルフイメージが高い」ということになるのかもしれません。

でも、「セルフイメージに高いも低いもなくていい!」
私はそう思っています。


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。

コメント


認証コード8778

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.8 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional