コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

お客様にとって必要なことを伝える

お客様にとって必要なことを伝える

ワクワクの仕掛け人、マーケティングコーチの岩井洋美です。

お客様にとって必要なことを伝える

どんなに良い商品、どんなに素晴らしいサービスも、その良さだけでは売れない
ということを日々感じています。

品質も効果も素晴らしい商品。

この商品を売るためにはまずは知ってもらわなければなりません


「知ってもらう」というと、こんなふうに考えないでしょうか?

  • ブログに書く
  • メルマガで紹介する
  • Facebookに広告を出す
  • DMを送る
  • チラシを作る
  • イベントに出展する etc.

まだまだその他にもあるかと思いますが、これらひとつひとつは単なる
「方法」「ツール」でしかありません。


知ってもらう方法を考える前に

「何を知ってもらうのか」=「何を伝えるのか」

ということこそをじっくり考えなければ、
最新のマーケティング手法を取り入れたとしても結果が出ない
ということになりかねません。

そして、素晴らしい商品であればあるほど
その商品の良さを「これでもか」と伝えようとする傾向にあると思います。


ある品質も効果も素晴らしい商品。

これを知ってもらう(売る)ために誕生秘話を含め冊子を作成することになりました。


修正を繰り返す中でできあがった二つ。

  • 盛りに盛られた「これでもか」バージョン
  • 削りに削った「一点集中」バージョン

どちらも「伝える」ということでは同じです。


しかし、

  • 自分の言いたいことだけを伝える
  • お客様にとって必要なこと(メリット)を伝える

という点では大きな違いがあります。


「何を伝えるのか」

それはつまり、自分が「何を伝えたいか」のベクトルが
あくまでも自分ではなくお客さまにあるということです。

このお客様、できあがった冊子に大満足でした。
特に喜ばれたのは…おてんこ盛りの方。


う~ん。

この「ベクトル」の話はブログでも度々書いていますが、
伝え続けることに意味があると再確認です。


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。

コメント


認証コード5358

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.8 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional