コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

「云々かんぬん」の使い方

「云々かんぬん」の使い方

ワクワクの仕掛人、マーケティングコーチの岩井洋美です。

「云々かんぬん」の使い方

何十年かぶりにカラオケボックスに行きました。
日常的に歌は歌っているので、カラオケボックスに行く
ってことはほぼないのです。

今のカラオケボックスでは
演奏をCDに焼いてくれるサービスがあるというので
それを目当てに行ったのですが…。


「カラオケの演奏をCDにしてもらえるんですよね?」
「え~っと、DVDの映像ですか?音声だけ?…ちょっとお待ちください。」
何やらインカムでこしょこしょ質問。
「CDに入れられます。」


「CDには何曲入れられるんですか?」
「え~っと、何曲?スミマセン…詳しい者に聞きますので。」
再びインカムで会話する半笑いの受付嬢。


けっこう待たされたところでインカムの相手が不機嫌に登場。
責任者らしき若いお兄ちゃんがこの一言。


「何曲入れられるとか云々かんぬん答えましたよね。」


これ以上まだ何か聞くことがあるのか?と言わんばかりの態度。
それに、お客様に対して「云々かんぬん」って言葉を使う?


「云々かんぬん」ってあまり良い意味で使わないでしょ。
なんだかくだまいてるような、ごたくを並べてるようなかんじで。
「云々かんぬん言ってないで、さっさとやれ!」
というような使い方じゃないですか。


この人が単に日本語の使い方を知らないだけなのか、
分って使っているのかはわかりませんが
お客様の質問に対する態度でないのは明らか。


カラオケボックスの若いお兄ちゃんに
「お客様目線になっていない!」
と腹を立てるのもどうかと思いますけど
「こういうちょっとしたことがすごく大事なのに」
という思いをまたまた強くしたのでした。


こんな思いをしながら録音したCD。
家に帰って再生したら録音されてなかった!!
ぎゃぼっ!!


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。

コメント


認証コード4970

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.8 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional