コアコンセプトから始める独自のマーケティングとマネジメント

魔法の質問はありますか?

魔法の質問はありますか?

ワクワクの仕掛け人、岩井洋美です。


魔法の質問はないんですか?」


ご自身のコアコンセプトが見つかって
日常的にコアコンセプトとの紐付けを実践中のクライアントさん。
なんだか「コアコンセプトが腑に落ちない状況が続いているそう。


もっと自分の奥深くに核たるものがあるはずだから
そこに到達するためには
「魔法の質問」が必要だと思われたようです。


そう言えば、コーチングを教わっていたときに
「魔法の質問」って習ったな~と思いながらも、
「う~ん、魔法の質問はないですね…。」
とお答えしたら、ずいぶんがっかりされたご様子。

魔法の質問はありますか?

「これさえ聞けば必ずコアコンセプトが見つかります!」
な~んて魔法の質問はそもそも無いんですけど、
このクライアントさんには、そんな質問必要ないんです。


コアコンセプトは既に見つかっているから。


それなのに「なんか違う気がする」と感じるとき、
ど~っぷりコアコンセプトの裏の状態に浸かっています。


嫌なことが続いたり、思ってもみない結果に見舞われたり。
それは自分がまったく力を発揮できない状態にいるわけですから
ある意味当然のことです。


でも、そのことに自分が気づいていないと(ほぼ無意識!)
こんなふうに思ってしまうんです。


「コアコンセプトが間違っているんじゃないか」
もっと別のすごい力があるんじゃないか」
まだ見つかってないんじゃないか」


コアコンセプトと日常の出来事を紐付け訓練中には
よくあることなんですけどね。


このクライアントさんの場合、
何かの出来事とか自分に関わる誰かに翻弄されやすい
ということがあります。


自分が誰かを巻き込んでいる分には良くても、
他から巻き込まれて振り回され過ぎてしまうと
まったく力が発揮できなくなるわけです。


コアコンセプトと紐付けて力を発揮しよう!
と意識をすることは必要なことですし、とっても大事です。
それと同じくらい大事なのは、
力を発揮できていないときにも
コアコンセプトとの意識的な紐付けをするということです。


だってね、
自分の力を発揮できない状況で力を発揮しようとするのは
どんなに頑張ったところで無理がありますから。


こういうことはセッション中にも繰り返しお伝えしていますから、
クライアントさんも理解されているはずなんですが
実践するとなるとね~、なかなか難しいんです。


「嫌な気持ちになったときこそ、
翻弄され過ぎていないか意識してみてください。」


嫌なことがあり過ぎて
「コアコンセプトが違う!こんなもんじゃない!」
と怒りに近い感情をお持ちだったクライアントさんも
最後は声をあげて笑うほどに…。


自分には発揮できる力があるんだ!これまでにも発揮してる!
ってこと、コアコンセプトと紐付けさえできたら分かるんです。


魔法の質問なんてなくたってね(笑)


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。



Tag: 魔法の質問 意識的 紐付けする 翻弄される

コメント


認証コード9167

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional