コアコンセプトから始める独自のマーケティングとマネジメント

自己重要感の壁を越える3つのルート

自己重要感の壁を越える3つのルート

ワクワクの仕掛け人、岩井洋美です。


人から認められたい
人から褒められたい


そういう欲求は誰にだってあります。
これ、自己重要感といわれるものです。


自分は価値ある存在でいたい
自分は特別でありたい
という自然に沸き起こる欲求です。


コアコンセプトを見つける過程でも
コアコンセプトを見つけた後でも
この自己重要感というのは密接に関わってきます。


「自己重要感の壁」です。

自己重要感の壁を越える

この「自己重要感の壁」にぶち当たるのは
自分は価値ある存在として認められたい
という欲求が満たされていないときなのですが、
なぜその欲求が満たされないのか
ということを深掘りしていくと
3つの理由に集約されると思っています。


1つめは、
本当に自分には価値がないと思っている場合。


過去に経験した辛いことや悲しいことに感情が大きく動いているので
まずは原因となった自分の感情を受け入れる必要があります。


2つめは、
本当は「価値がある」と思っているのに「価値がない」ことにしている場合。


「価値がないことにしている」というのはとても矛盾していますが、
そう思うことで自分を守っているということです。


なぜなら、
自分は特別なのに認めてもらえていない
という現実があるからです。


人一倍特別でありたい、認めて欲しいと根底では思っているので
現実とのギャップから「逃れたい」という感情が働きます。
ですから、自分にとって嫌な感情から
何かしらの方法で自分を守ろうとするということです。


本人にとっては「価値がない」と思うことのほうが
よほど楽だということなのだと思います。


自分を守ろうとする方法はコアコンセプトによって違いますが、
多くの場合、本人にとってはネガティブな要素が強いものです。
でも、それを「自分を守るためだった」と受け入れる必要があります。


3つめは、
自己重要感の基準が高過ぎるために満たされない場合。


当然のことながら、「自分には価値がある」と思っていますし、
他人からも認められています。


認められているにもかかわらず、
本人が感じる「認められている状態」の基準が高いために
現状に満足できません。


「こんなに自分はできるのに」という大前提がありますから、
評価が低い、認められていない、尊敬されていない
と常に「もっともっと」を求めます。


自己重要感が満たされないのは、
この「もっともっと」を相手に求めているからです。


「こんなに自分はできるのに」という思いと裏腹に
「自信が持てない自分」がいるということもあります。


まずは、
自己重要感の基準が高い理由を知る必要があります。


自己重要感を満たすためには
いずれかの壁を越える必要があります。
とはいえ、それは簡単なことではありません。


人によって満たされない理由が違いますから。


この自己重要感の壁を越えるためにも
コアコンセプトを知っておくことが大事だと痛感しています。


コアコンセプトが分かれば、
「なぜ自己重要感が満たされないのか?」の答えが見つかって
必ず自分で超えられるからです。


自己重要感を満たす万人に共通する方法なんてありません。


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。


コアコンセプト・ブックのお申込み(無料)

深層価値観であるコアコンセプトのエッセンスを凝縮したコアコンセプト・ブック。ご希望の方に郵送でお送りしています。下記のフォームからお申込み下さい。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



Tag: 自己重要感 価値がある 価値がない 壁を越える

コメント


認証コード2501

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional