コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

切り口を変える

切り口を変える

ワクワクの仕掛け人、マーケティングコーチの岩井洋美です。


先日、セミナーをやらせていただきました。

「女性クライアントに訴えるエンターテイメントパワポ講座」

そう、パワーポイントのセミナーです。

パワーポイントの切り口を変える


このブログを読んでくださっているあなたは、どんな時にパワーポイントを使いますか?

プレゼン用の資料作成でしょうか。

セミナーコンテンツ用のスライド作成でしょうか。

それとも、チラシやパンフレットの作成でしょうか。


パワーポイント=資料作り

一般的にはこれが常識。

でも、私の中にその概念はまったくありません。

専業主婦歴20年。

働いていた当時にパワーポイントなんてなかったし、
資料を作ったこともありませんでしたから。


ですから、内容は操作方法の伝授は一切なし。

パワーポイントを楽しむためのセミナーです。

お客様にプレゼンやセミナーの内容を
より分りやすく、より深く理解してもらうための「見せかた」
より効果的、より視覚的に伝えるための「魅せかた」について
お話しました。


「ただの資料作り」という常識から離れて「メッセージを伝える魅力的なツール」
としてのパワーポイントの一面をお伝えしたわけです。

かなり新しい斬新な内容だったと思います。


誰もが知っているし、使っているもの。

私たちはそういうものに対して、あまり疑問を持つことがありません。
「きっとそういうもの」と思っていますから。

でも、そういう当たり前のものに対して、

  • 別の角度から見る
  • 切り口を変える

ということをしてみると、まるで違うものに思えます。


例えば、

「専業主婦はパートかアルバイトしか職が見つからない」

「長く仕事から離れているしスキルもない」

という考え方の切り口を変えて、

「専業主婦としてできることには価値がある」

「長年培った主婦としての経験は最大限に活かせる」

と考えたら、収納のカリスマ、お弁当作りの達人として活躍する
なんていう道も十分ありますね。


お客様に対しても同じこと。

「きっとこういうことね」と決めつけていないでしょうか?

「きっとこういうことね」を前提に質問をしていないでしょうか?


切り口を変えるのはあなたです。

コメント


認証コード2542

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by QHM 6.0.8 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional