コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

パッションがビジネスのスタート!

パッションがビジネスのスタート!

ワクワクの仕掛け人、マーケティングコーチの岩井洋美です。

パッションがビジネスのスタート

あなたは「心の底から好き!」って言えますか?

自分が販売している商品自分が提供しているサービスのことです。


自分のビジネス、好きでやってるに決まってるじゃないと思われるかもしれません。

でも、ただ「好き」ってことだったら、食べることが好き、モモクロが好き、
アロマセラピーが好き、と同じレベル。趣味と変わりません。


「心の底から好きと言えるか」という裏側にあるのは、
「なぜ自分がそれをやるのか」という思いがはっきりしているのかどうかということです。

自分のやっていることに対するパッションがあるか。

それが大事なことなんです。


ある会社の社長さん、もっと売上を上げたいということで頑張っていました。

そして、あれやこれやの作戦やアドバイスが功を奏してか、売上も上がってきました。


ところが、社長さんの反応がいまひとつ・・・。

「売上が上がってきた要因は何だと思いますか?」
「なんでなんでしょうねぇ…。これといって何だろう…。」
「〇○についての概要説明が出来上がりましたよ。」
「字ばっかりのもの、何にどうやって使ったらいいんでしょう。」


経営者は成果が上がれば、そのやり方でもっとやってみようとか
他のところに応用できないかとか考えます。

サービスの内容が固まったら、どうやってやろうか考えます。

普通は、ワクワクするものです。


この社長さん、仕事をやっていないわけではありません。
とても頑張っていらっしゃいます。

それなのにこのまるで他人事のようになるのはなぜなんでしょう?

結論から言うと、パッションが欠けていました。


社長さんは父親から事業を受け継ぎました。

その際、うまくいっている会社は別の兄弟が引継ぎ、
この社長さんが引き継いだのはうまくいっていない方。

「自分は貧乏くじを引いた」という思いがこのビジネスのスタートになっていたんです。

「なぜ自分がやるのか」ということを考えた時、「跡を継いだから」という事実だけで
「私だからこうできる、こうしたい」という思いが見えません。


パッションはマーケティングを考える時、最初に考える核となるものです。

「なぜ自分でなければいけないのか」

「なぜ自分がやるのか」

ということが言えないようなビジネスならやらないほうがいい。


あっ…毒吐いちゃいました。
でも、パッションってそれぐらい大事なんです!

気になるこの社長さんは、パッションを明確にしてこれからがスタートです。


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。

コメント


認証コード0426

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional