コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

ヒラリー・クリントンをプロファイリングする

ヒラリー・クリントンをプロファイリングする

ワクワクの仕掛人、才能プロファイラーの岩井洋美です。


まさか、まさかのアメリカ大統領選。
今回の結果に、思いの外ショックを受けている私。
なぜかと言うと…。


才能プロファイラーの勉強をしているとき
毎月提出する課題の1つが


本(伝記)を読んでプロファイリングする


というものでした。


同じ人について2冊以上の本を読む
ということもあって、それはそれでなかなか難しい。
そんなに伝記が出ている人って少ないでしょ。


そこで私が選んだのが、ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントンをプロファイリングする


本を読む目的は「才能プロファイリング」ですから
さ~っと目を通すという読み方はできません。


才能プロファイリングの肝は「感情」


実際に会って話を聴けるわけではないですから
本の中から


ヒラリーの感情を読み解く


ということをしていくわけです。


だから、だんだん自分の中で
ヒラリーがとても身近な人
のような感覚になっていきます(笑)。


今回の大統領選、
友達が落選したかのような気分が
ショックの原因みたいです。
…アメリカ国民でもないのに。


「才能プロファイリング」では子供の頃に


どんな環境で、
どんな経験をして、
どんなことに感情が動いたか


ということに注目します。


私が導き出した彼女のコアコンセプトは、


(表)信念の遂行↔(裏)傍観


本を読む限りは、
彼女が大統領を目指したのも当然
目指すべき人だった
と思えます。


「女性初の大統領」誕生の夢も潰えましたが、
彼女が初めて「ガラスの天井」に直面したのは
ヒラリーが12歳のとき。


当時アメリカはソ連との宇宙開発競争にしのぎを削り、
国中が熱を入れていた頃でした。


「宇宙飛行士になるにはどうしたらいいですか?」


ヒラリーはNASAに手紙を書きます。
そのときのNASAからの返事。


「女性は宇宙飛行士になる試験を受けられない」


この出来事から57年。
彼女自身が「ガラスの天井」に穴を開けられなかったけれど
敗北宣言の中でこう言っています。


「自分が正しいと思うことのために戦う」というのは
価値のあることだということを信じ続けて欲しい。


まさにコアコンセプト…信念の遂行です。


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。

コメント


認証コード6268

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional