コアコンセプト・マーケティングから始めるぶれない会社経営

「べき」を手放してバランスを取る

「べき」を手放してバランスを取る

ワクワクの仕掛人、岩井洋美です。


長年趣味で続けている声楽。
昨日は年に1度の発表会がありました。


先生はオペラ歌手ではありますが、
生徒が歌う歌はポップス、ミュージカル、オペラまで
ジャンルはバラエティに富んでいます。
自分の歌いたいものを歌っていいというスタンス。
だから、子供からシニアまで年代も様々です。

べきを手放す
※周藤容子先生との2ショット(昨日の写真が無かったので以前のもの)


毎年この発表会で歌われる名物おじいちゃんがいます。
「今年も歌うんだ~!」と分ると楽しみで
いつもとってもうれしい気持ちにさせてもらえます。


来月87歳になるこのおじいちゃん。
お顔の色もよくてつやつや、背筋もピンとしています。
長年歌も続けていらっしゃるのですが、
奥様の介護をしながらのことだそう。
ヘルパーさんにお願いしている合間にレッスンに通い
毎年新しい歌に挑戦し続けていると聞いて
その姿勢にいつも感動させられます。


歌う前に必ずトークがあって(歌より長い時も!)
これもまた名物コーナー。
ひとしきりみんなを笑わせてくれた後
ポッケに片手を入れた決めポーズで歌われるその歌は
ともかく自由!


歌が上手いとか下手とか
音程が合っているとか外れているとか
リズムが早いとか遅いとか
もうそういうことはどうでもいいというくらい
気持ち良くて自由です。


このおじいちゃんの歌を聴くと
歌ってこんなに自由に歌っていいんだな~
と改めて思わされます。


コアコンセプトを見つけるプロファイリングをしていると
「こうでなければならない」
「こうあるべきだ」
無意識に自分に課しているということがあります。


誰に言われたわけでもなく
自分で自分に「そうしなくちゃいけない」と言ってしまう


誰にでもそういうことが多かれ少なかれあります。
それが必要な時もあるかもしれませんが、
いつもいつもでなくてもいいんですよね…。


この素敵なおじいちゃんだって
「奥様の介護をしなければならない自分」
「自分の好きなことを自由にやる自分」
うまくバランスをとっているということだと思います。
だからこそ両方を続けて行けるということ。
そしてあの自由な歌!


長年自分の楽しみのために続けてきた声楽。
ずっと続けてきたからこそ私の中で
やめたくない⇒やめちゃいけない⇒やめるべきではない
ということを勝手に自分に課していたような気もします。


バランスをとるためにしばらく手放してみることにしました。
自分の楽しみのために歌うことを
誰かのために歌うことという新しいチャレンジのために。

コアコンセプトに沿って生きる
※昨年4月銀座タクトでのライブ

そういうチャンスに恵まれたことに感謝して
もっと自由に歌えるってことを楽しんでみようと思います。
おじいちゃんが教えてくれたように。


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。



Tag: コアコンセプト バランス 手放す

コメント


認証コード8936

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional