コアコンセプトから始める独自のマーケティングとマネジメント

「ガツガツ稼ぐ」の意識は変えられる

「ガツガツ稼ぐ」の意識は変えられる

ワクワクの仕掛け人、岩井洋美です。


「林先生が驚く初耳学」という番組で
お金のことについて話をしていました。


お金の基礎知識を理解している人の割合を国別で調べると
日本は先進国の中でも低い順位。(ちょっと驚き!)


リーマンショック以降、欧米では義務教育でお金の授業をしていたり
金融教育がカリキュラム化されているらしい。


つまり、日本人はお金に対する知識も意識も低いってことです。
でも、林先生曰く、それは日本のこれまでの教育が影響しているとのこと。
お金=卑しいみたいな。

「ガツガツ稼ぐ」の意識は変えられる

そのイメージって、時代劇でもそうだ!
菓子折りの中に小判が並んでいて、
「越後屋、お主も悪よのぉ~」っていう
私腹を肥やすお代官と上手い汁を吸う商人みたいな。


まぁ、時代劇は置いておいて(笑)、
お金に対する考え方はビジネスにも影響します。


ビジネスである以上利益を出さなければいけませんから、
「稼ぐ」というのは当然のことだと思いますが、
ここにちょっと厄介な気持ちが出てきます。


ガツガツしているとは思われたくない


お金を得ることに必死になっているとか
実はお金を稼げていないとか
儲けることしか興味がないとか
他人の目にそうは映りたくないってことです。


特に女性に多いように思います。
林先生の話ではないけれど、
卑しい、はしたない、慎みがない
ということにつながってしまうからかもしれません。


先日聞いた話ですが、
「集客セミナー」のタイトルには人が集まっても
「稼ぐセミナー」にはなんとなく人が集まらないって。


でも…。
集客するってことは、結果としては「稼ぐ」じゃないのかなぁ。


「稼いでいる」「稼いでいない」というのは、主観です。
金額に関係なく、自分が「稼いでいる」と思えたらいいわけです。


そして、お金に対して
「ガツガツしている」「ガツガツしていない」というのは、客観です。
他人から見たときの評価ですから、自分ではどうすることもできません。


だから、他人の目を気にしないで自分が良ければいいでしょ!
って言いたいところですが、そんなに簡単ではないですよね。


ここに、「稼いでいる」「稼いでいない」に客観が入ってくるからです。
1,000万円なら稼いでいるけど、10万円では稼いでいない
1億円なら稼いでいるけど、1,000万円では稼いでいない
そう、この数字という客観です。


文章で書くと小難しくなっちゃうんですけど、
他人の目と数字という2つの客観が
ガツガツしているとは思われたくない
を生み出しているわけです。


そこから抜け出すためには、
お金に対する捉え方を変える必要があります。
変えるためには、
自分のビジネスの目的を明確にすることが第一。


その目的に向かって自分の力を発揮したら
「お金」というのは、後からついてくるものでしかないんです。
「お金」に対する意識が変わりますから。


決してガツガツしてるとは思われないし、
私腹を肥やす悪代官になんて見えませんよ(笑)


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。


コアコンセプト・ブックのお申込み(無料)

深層価値観であるコアコンセプトのエッセンスを凝縮したコアコンセプト・ブック。ご希望の方に郵送でお送りしています。下記のフォームからお申込み下さい。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



Tag: ガツガツする 稼ぐ ビジネスの目的

コメント


認証コード1026

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional