コアコンセプトから始める独自のマーケティングとマネジメント

ビジネスのひきこもりから脱するために必要なこと

ビジネスのひきこもりから脱するために必要なこと

ワクワクの仕掛け人、岩井洋美です。


先頃独立をされた以前のクライアントさん。
自社主催の大きなセミナーを開催されるということで
参加させていただきました。


「売ることをやめて、買ってもらう」を実現するための
営業職向けセミナーです。
セミナー告知ページにあった「こんなことに悩んでいませんか?」


・研修を受けても、知識を付けても、全然成果が上がらない。
・ 強い気持ちで営業しろと言われても、すぐ心が折れてしまう。
・TELアポやお客さんに会いに行くのが怖い。
・ 「良い話を聞けた」と喜ばれるのに、契約に至らない。


これは、営業職に限らずのあるあるです。

営業における悩み

知識もスキルもノウハウもたくさん学んでも、
自分の望むような結果が得られないなんてことはよくあります。


学ぶことはもちろん必要ですが、
スキルやノウハウは日々進化して新しいものも出てきます。
それを全部学ぶのは無理ってもんです。
何を学ぶかは、自分で選ばないと振り回されることになりかねません。


心が折れてしまうっていうのも、誰にだってそりゃ~ありますよ。
ポキッてね。


そうなるとまた、「心を強くする方法」なんてかんじのものを
学びたくなっちゃうのかもしれません。


「自分に足りないものを学ぶ」という点においては
行動しているわけですから、良いことです。


そして、次のアクション。学んだことを行動に移す。
せっかくスキルやノウハウを手に入れたんですから。
何かしらはやってみますよね。


そのまた次のアクション。行動に移したことを継続する。
これはどうでしょう?


「継続」というのがネックになります。


スキルやノウハウだけでは、継続できないからです。
ましてやビジネスです。
スキル、ノウハウ、テクニックだけで事業は続けられません。


スキル、ノウハウ、テクニックを駆使し続ければ
向上はあるかもしれません。
でも、必ず限界があります。そこに成長はありません。
つまり、事業は続けられない。


限界が来て、また何かを学んだとしても
また新しい限界がやってきて同じところに留まります。


そしてまた、こう言うんです。
成果が上がらない…心が折れる…。


「学んでは止める」「止めては学ぶ」を繰り返しながら
この同じところに留まってしまう状態を、
もったいない!の意味を込めて
「ビジネスのひきこもり」と呼んでいます。

ビジネスのひきこもり

ここから脱出するためには、自分で突破するしかありません。
誰かから学ぶ、教えてもらうものではなく、
自分で感じて、考えて、行動することでしか得られません。


それが、
「自分のあり方」「ビジネスのあり方」というものです。


「自分で」とは言え、見つけるためのヒントは必要です。
それには人の手を借りることも必要。
自分の目で見えないものも、他人からは見えますから。


こういう機会もあります…女性限定ですが。
↓ ↓ ↓
BLMビジネス交流勉強会


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。

コアコンセプト・ブックのお申込み(無料)

深層価値観であるコアコンセプトのエッセンスを凝縮したコアコンセプト・ブック。ご希望の方に郵送でお送りしています。下記のフォームからお申込み下さい。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



Tag: 営業 ひきこもり あり方

コメント


認証コード8138

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional