コアコンセプトから始める独自のマーケティングとマネジメント

世界的な観光地の徹底したマーケティング…恐るべし

世界的な観光地の徹底したマーケティング…恐るべし

ワクワクの仕掛け人、岩井洋美です。


連休の1日を使って日光へ行ってきました。
乗り鉄の夫は連休に走る電車をしっかり予約。
抜かりがありません(笑)

いざ日光へ

連休中の日光は大混雑。
渋滞も大変なことになっていて、
「路線バスはあきらめて徒歩でどうぞ」
みたいな駅のアナウンス。
「東照宮へは徒歩で40分です。」


まったく動かない車を横目に、ズンズン歩く夫と私。
そう、この日(5/4)の日光、めちゃくちゃ寒かった!
スピード出して歩いてないと寒くていられない。
その上、雨が降ってくるわ…雷が鳴るわ…。


雨が上がって青空が見えても、益々寒い!
でも、気を取り直して参拝。

世界的な観光地

これまで何度か日光に行ったことはあったけれど、
三猿や眠り猫だけじゃないのね…こんなに色々あったとは…。


目にするものもさることながら、
実は、ちょっと驚いたことがありました。


見学するときには、お寺でも神社でも
仏像のことや建物の歴史を説明してくださる人がいるわけです。
「ほぉ~、なるほど~」な話を聞きながらの見学&参拝は
興味や理解も深まっていいんですよねぇ。


驚くのはここから。


説明の最後は、かならず「お守り」について。
東照宮のお隣、輪王寺でも
東照宮の御本社でも、
鳴き龍の薬師堂でもみ~んなそう。


「ここでしか買えません。」
「一歩外に出てしまうと、もう売っていません。」
「お返しする必要がない一生ものです。」
「あなたの神様(十二支の神様だから)に会えるのはここだけです。」
「きっと願いを叶えてくださいます。」


なんか…すごい!
買う人の心をくすぐる言葉を、
サラリとそれも繰り返し言っています。


十二支の神様のところでは、
「ここでしか会えないあなたの神様のお名前を
ぜひ覚えて帰ってください。」
と最初にこう言われているから、
次の行動として…買う!


繰り返しのアナウンスのあとには
必ずお守り売り場を通って外に出るわけですから、
導線もばっちり出来ています。


お守りの説明を聞いているそばから
お守り売り場の大きな声が聞こえているところもありましたから。


これってマーケティングです。


売っている場所(お寺と神社)
売っている(白い着物と袴姿に軽妙トーク)
売っているもの(なんとなく持っていたいお守り)
三拍子揃っています。


行く先々で感心していた私。
とうとう、鳴き龍の薬師堂で鈴を買ってしまいました(笑)
まぁ、鈴の音がとっても気に入ったからなんですけど。


「鈴は色を選んでいただけます。
赤は新色、ゴールドは期間限定で売切れ次第終了です。
期間限定に弱い方はどうぞ!」


笑いをとりながら、伝えるべきことはしっかり!
そして、私の手の中には…赤い鈴。
これぞ東照宮マーケティング!?

マーケティングの成果


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。


コアコンセプト・ブックのお申込み(無料)

深層価値観であるコアコンセプトのエッセンスを凝縮したコアコンセプト・ブック。ご希望の方に郵送でお送りしています。下記のフォームからお申込み下さい。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



Tag: 日光 東照宮 マーケティング 導線 期間限定

コメント


認証コード7060

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional