コアコンセプトから始める独自のマーケティングとマネジメント

経営者が成果を出すための「感情→思考→行動」究極の3ステップ

経営者が成果を出すための「感情→思考→行動」究極の3ステップ

ワクワクの仕掛け人、岩井洋美です。


「そんなに簡単に変わりません。」
「変わらなくていいんです。」


セッションの中でよくそういっています。
でも、それとセットでこうも言っています。


「捉え方や考え方を変えてください。」


変わらなくていいとか変えろとか…ややこしいですが、
適当に言っているわけではありません(笑)
「感情→思考→行動」
という3ステップに則して話しています。

経営者が成果を出すための「感情→思考→行動」究極の3ステップ

まず、感情。
とりわけ、自分が持つネガティブな感情は
無くさなければいけないと思いがちです。
それは、ネガティブな感情=ダメな自分だから。


自分のコアコンセプトを明確にする過程では
「ダメな自分もひっくるめて丸ごとの自分」
ということが分かります。

そもそも、変えなければいけないとか、
変わらなければいけないとかはありません。


こういうことが大事で、こういうことが嫌だという感情、
つまりコアコンセプトに関わることは
一生変わらないし、変える必要がありません。
いや、変えてはけないんです!


そして、思考。
捉え方や考え方は変える必要があります。
それは、自分が最も力を発揮するためにです。


例えば、この美味しそうなチョコレート。

思考が変われば、行動が変わります

もしも箱を開けたときにチョコが1個だけだったとします。


「え~っ!1個だけしかないのか…」と思うか
「ラッキー!1個残ってた~」と思うのか。


前者はチョコレートがないこと
後者はチョコレートがあることにフォーカスした捉え方です。


「ない」と思えば、不満が残りますから別のものを食べるかもしれません。
あるいは、「しかたがない」とただあきらめてしまうかもしれません。
「ある」と思えば、満足しますから次の行動が食べるになるとは限りません。
たった1個のチョコでも元気になれるかもしれません。


「1個しか残ってない…自分で食べちゃおう」と思うか
「1個しか残ってない…○○ちゃんにあげよう」と思うのか。


どちらもチョコレートがないのは同じですが、
前者は「自分」に後者は「他人」にフォーカスして考えています。


「自分に」と思えば、こっそりひとりで食べることになるかもしれません。
「相手に」と思えば、全部あげるか、分け合って食べることもあるかもしれません。


チョコレート1個でもあっても、捉え方と考え方にも違いがあって
結果として行動にも違いが生まれます。


これがビジネスだったら、
もっと大きく言うなら、自分の人生だったら
どれだけの変化が起こることか!!


思考が変われば、行動が変わります。
これはどちらが良いとか悪いではなく、
行動を変えたいなら、思考を変えるということです。


「変わらなくていい」を自分の都合の良いように捉え
思考も行動も変えないままの人が少なからずいます。
そして、成果が出ない、結果が出ないと悩みます。


自分にとって何が大事なのか、何が嫌なのか
その感情を変える必要はありません。
でも、そういう感情を持った自分が一番力を発揮するために
捉え方や考え方を変えて、行動を変える必要があります。


現状を変えて成果を出したいなら
感情(変わらない)→思考(変える)→行動(変える)
このステップです…このステップしかありません!


コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。


コアコンセプト・ブックのお申込み(無料)

深層価値観であるコアコンセプトのエッセンスを凝縮したコアコンセプト・ブック。ご希望の方に郵送でお送りしています。下記のフォームからお申込み下さい。
            ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



Tag: 成果を出す 感情 思考 行動

コメント


認証コード1051

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional